社員インタビュー


金子 聖也

エルズホームに入社まで

学生時代は、野球を長い間取り組みプロを目指していたので、企業へ就職するイメージは正直あまり持っていませんでした。それもあって、業種・業界に特にこだわりがなかったのですが、野球と同じく年功序列ではなく、実力主義で、頑張ったら頑張った分だけ評価してくれる環境で働くことは自分の中で決まっていました。

さらに、決め手は、たまたま自分と同じく、スポーツ選手になるのか、企業へ就職するかの選択をした面接官の方とお話をすることができたことです。
自分自身が「入社してよかった」と思える環境に出会えたというお話は私にとってとても衝撃を与えてくれました。

入社して変わったこと?

営業に対するイメージがかなり変化しました。
ドラマや映画でしか実際営業のことを知り得なかったこともあり、営業は暑苦しいといいますか、あまりいいイメージではありませんでした。
実際に、インターンとしてエルズホームに来るようになってからは、いい意味でイメージが壊されました。質問しやすい雰囲気もありますし、質問をすると丁寧に教えてくれますし、部下のことを家族のように想ってくれる、人情味あふれる環境でした。

あとは、社会人になってからは、休みの日でも仕事のことを考えるようになったことでしょうか。
常に目標やなりたい姿をイメージすることで、努力し続けることができていると思っています。もちろん失敗することもありますが、失敗することも成長にとって必要なこと、失敗も魅力の一部だと脳内でポジティブな変換をしています。
こうしたメンタルのタフさは長年やってきたスポーツのおかげだと思っています。

金子さんの目標は?

テレビに出ることですね。
「テレビに出演する=並外れた人である」だと思っているので、それくらいになれないと、プロ野球選手を目指すのではなくエルズホーム(就職)という道を選んで良かったと言えないと考えています。
もちろん収入面でも、テレビに出れるレベルの活躍をしたいですね。

あとは、世の中の原理原則に対する理解を深めたいと思っています。
原理原則を読み解けるということはビジネスにおいても、今後の人生においても重要になります。
原理原則に対する理解を深めるのに必要なことは、たくさんの経験を積むことです。もちろん、何十年も時間をかければ自ずと理解が深まってくることであるし、誰でも身に着けられるものですが、私は人よりも早くその道を進みたいと思っています。
最短の道を進むために、休みの日でも仕事のことで時間を割いたり、上司に指示されたことに対しての、アクションを起こすまでの時間を短くすること等に努めています。

私たちは、不動産投資に対する十分な知識と運用のノウハウをお客様にサービスとして提供しています。しかし、そうした知識や経験を身に着けるためには、熱量で補えるパーセンテージがかなりあると考えています。
先輩にも仕事をするにあたってなにを大切にしているかをお聞きしたことがあるのですが、熱量・ノリと勢い等のメンタル面と、話し方等のスキル面の両方の向上だと伺いました。
スキル面、メンタル面両者をバランスよく向上させることが仕事をするにあたって大切だということです。

エルズホームで働くのに必要だと思うこと

「自分のために努力できる」
夢や目標があってそれを明確にできると、明確にどうしたらその目標や目的を果たせるかの道筋を見つけるきっかけになります。

エルズホームにで働きたいと思っている人たちへ

新卒のカードを使える機会は最初で最後です。
今ままで学生生活やバイト等様々な経験をされてきていると思います。今まで過ごして来た事をしっかりと振り返って、自分の頑張り方や、頑張れることをしっかり分析すると、自分にあった企業や環境を選べるのかなと思います。
本当に納得できる就職をしてほしいです。

私自身は、この会社に入社して、憧れることのできる上司や先輩に出会えましたし、自分のなりたい姿、それをかなえるために掲げるべき目標を持てました。
この会社に入社できて良かったと思っています。
なりたい姿や目標がある人や、何事にも粘り強く取り組める人にとっては本当に入って損のない会社だと思っています。